• 団体をさがす
  • 講師をさがす
  • 施設をさがす
  • イベントカレンダー

水と緑のぷりこま

目次

第三話 音楽の街-狛江の巻

たま江:狛江は音楽があふれる街。さくらちゃん、今日の駅前ライブとっても楽しみですね。

さくら:そうよね。あ、始まったわよ。

ノリノリになるお客。その中で、反応の悪い2人組がいる。

めざし課長:音楽は素敵だけれど、恥ずかしいから静かにしていよう。

ねこ係長:眠い・・。

たま江:あの、どこか体調悪いのですか?

ねこ係長:邪魔しにきてるにゃ。

さくら:さては秘密結社「ことなかれ屋さん」ですね。

めざし課長:また、お会いしましたね。課長のめざしと係長のねこと申します。今後ともよろしくお願いいたします。

さくら・たま江:まったくもう。変身「こまさくら!」「こまたま!」
(さくらは、筆で「ヘタでいい。ヘタがいい」を書くと「こまさくら」へと変身するのだ)

(たま江は、狛江市歌「水と緑のまち」をハミングすると「こまたま」へと変身するのだ)

変身完了

こまさくら・こまたま:一緒に音楽を聴きましょう。
めざし課長:これはなんと素晴らしい音楽でしょう。
ねこ係長:素敵な音楽だにゃ。寝てる場合じゃなかったにゃ。

~音楽ひろがる狛江。みなさんもぜひ聞きにきてください~

第三話 完